2011年10月16日日曜日

自習室満員のフラストレーション (←シュタゲのサブタイっぽい

寝坊して、駿台の自習室に行った。 そしたら、満席だった。

今日はジュニア館が開いていないので満席かなと思ったら満席だった。
駿台の自習室は全員一生懸命勉強しているかとおもいきや、実は全然違っている。寝ている奴、飯食っているやつ、それどころかカードだけとって外に出て戻ってこない奴。クズがいっぱいいるのだ。だから非常に腹立たしい。こっちは真剣に勉強したいのに、邪魔されているように思える。

結局ジュンク堂に行って、jubeatをして帰ってきて終わり。そして今に至る。勉強しなければならないが士気が下がった。本当に腹立たしい限りだ。

ジュンク堂で面白い本を見つけた。この本であるhttp://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E5%BA%A6%E3%81%93%E3%81%9D%E3%80%8C%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AF%E3%80%81%E5%A4%A7%E4%B8%88%E5%A4%AB%E3%80%82%E3%80%8D%E2%80%95%E9%AB%98%E6%A0%A1%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E9%81%93-%E6%9D%B1%E9%80%B2%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E4%BB%8A%E4%BA%95-%E5%AE%8F/dp/489085343X

今井宏と言えば東進のCMで「成績を上げる方法 一、音読。」というセリフで有名である。買ったわけではないのでざっと立ち読みしただけなのだが、単語の学習法というところであっさり僕の今使っている速読英単語を否定された。これは参った。

やはり教師によって言うことが違って困る。もちろんうちの学校のクズ教師の言うことなんてあてにしないが、駿台の久山氏と言っていることと少し違うことがあって困る。(一致しているところもあるが。) 偉い人の言っていることが違うとこちらとしては非常に困る(笑)

やはり英語学習法はまだまだ研究段階である。どう学習すればいいのか、早く結論が出て欲しい。

単語の他にも面白いものを見つけた。 「パカヌケ君」という言葉だ。
今井氏は中学のときの英語力は県1位だったらしいのだが、高3(おそらく高3になってすぐ)で英語の偏差値は43だったらしい。氏の主張はこうだ
「高1,2と英語をさぼってきた人に教師は難しいこと言い過ぎ。そこで自分を責めると思うが、本当に悪いのは教師。」

うん、納得。本当に悪いのはうちの先生。中3からガンガン英語力を下げられた。これで確信が持てるというものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
違うお話。
少し前にアメトークで「最初暗かったけど明るくなってきた芸人」というのを見て、芸人たちが明るくなった動機を話していたのだが、「やっぱり明るい人を見て憧れたのかな」と思ったのだが、芸人は「暗い人をみてそうはなりたくなかった」のが動機だと言うのだ。

「勉強してないやつをみてそうはなりたくない」 と最近思った。とあるやつを見て。

そいつは駿台に通っているのだが、英語が全然できない。まさに「受けるだけ」の人。勉強しているようで全然していない。

こいつにはなりたくない・・・・・ そう思った。いつもダメなことばっか言ってるし。
別に悪いやつじゃないのだが。だが絶対こいつにはなってはならないと思った。それだけ。


はあ、まだ今日は勉強していない。しなくてはならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿